納品前にやっておくことについてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 納品前の準備 納品前にやっておくこと

納品前にやっておくこと

契約が終わったら後は納車を待つだけとなりますが、納車の前に必要となることがいくつかあります。ほとんどは販売店で行ってくれますが、自分で用意しなければならない書類などもあります。

ここではそれらをまとめて紹介したいと思います。

◆必要書類を用意、作成
自分で用意しなければならない書類は早めに用意して準備しておくようにしましょう。

◆お金の支払い手続き
頭金をいくらか現金で入れて残りをローンで支払う場合や、全額販売店が用意したローンで支払う場合は契約する際に、その手続きを済ませているはずなので必要ありません。その他の場合であれば、期日内に指定された口座にお金を振り込むようにしましょう。

◆任意保険の比較検討
納車された時に保険に入っていなければただの危険な車になり、すぐに運転することも出来ません。自賠責保険には契約時に入ることになっているかと思いますが、自賠責保険だけでは万一の時に備えることが出来ません。そのため任意保険に必ず入るようにしましょう。任意保険はガソリン代と同じで、車に乗るための必要な経費と言えるでしょう。

◆任意保険に加入
任意保険は必要なものでも、保険代はできるだけ安く抑えたいかと思います。最近は自動車保険も低価格でサービスが充実しているものもたくさんあります。また今はネットを使用すれば、簡単に保険を比較することが出来ますので賢く利用するようにしましょう。そしてその中から自分に合う任意保険に加入してください。

以上のことをすべて行い、準備万端で納車を待ちましょう。


納品前の準備