契約時の注意点についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 中古車販売店で行うこと 契約時の注意点

契約時の注意点

契約をする前にもう一度、保証制度の有・無などをしっかりと確認するようにして下さい。疑問が残っている場合は全ての疑問点を販売担当者に質問して解決しておきましょう。

そして大事な点は書面化してもらって、後から話が食い違うということがないようにしておくことをお勧めします。例えば実車チェックの時に「キズは納車までに直します」ということを言われた場合は、その事を契約書に書いてもらうようにしましょう。

ただの口約束というのはトラブルの元になりかねません。車検が残っている場合はいいですが、切れている場合はいつ車検証が出来るかなどの確認も必要になります。

出来ることならその場では契約せずに、一度書類を家に持ち帰って全て読み、冷静に考えるぐらい慎重になった方がいいでしょう。書類の内容も全て把握して冷静に考えた上でその車を購入したいと思った時に再度お店に行き、そこで改めてきちんと契約してください。

車というのは法令上のクーリング・オフ制度が適用されないので、買ってしまえばもう返品するというわけにはいかなくなります。自動車の保有に関しても登録制度や納税義務、自賠責保険の強制加入等、自動車特有の手続きがあります。

全ての手続きがもちろん必要となりますし、購入する場合には販売店という相手がいますので、後でキャンセルしたという勝手な言い分も避けたいものです。購入の意思表示をする事で発生する責任の重さを自覚してから、その意思を見せるようにしましょう。

やはり中古車といっても車は大きな買い物になるので、契約の時は慎重にいきましょう。


中古車販売店で行うこと



クラフォラン
クラフォランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科の吉野先生がオススメです!