印鑑証明書を用意についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 中古車販売店に行く前にすること 印鑑証明書を用意

印鑑証明書を用意

車を購入する際には印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書というのは、契約書に押す際の実印がきちんと市区町村場で登録されているかどうかということを証明する書類になります。

印鑑証明書には住所(住民票上の住所)、氏名、性別、生年月日、印影(印鑑を押したもの)を登録していることを市や区が証明した用紙になりますので、車の購入の時以外に不動産の売買やお金を借りるなどの手続きにも使用することが可能となります。そのため、盗難や紛失には気をつけるようにしましょう。

印鑑証明を作成する際に使用出来る印鑑はきちんとしたものでないといけません。ゴム印など印面が変化しやすいものや、印影が鮮明でないものは受け付けてもらうことが出来ません。

通常は一度実印を作ると、その印鑑が一生自分の実印になります。一度登録してしまうと変更する際に面倒な手続きが必要となり手間がかかってしまうので、100円ショップなどで販売されている印鑑を印鑑登録するのは避けるようにしてください。

また印鑑証明は発行後3ヶ月までは有効なので、自動車を購入する前に用意しておいても問題ありません。そのため出来るだけ早めに用意するようにしましょう。

今乗っている車を買い取ってもらう際も印鑑証明書が必要になりますし、ローンを組む場合は住民票も必要になります。早めにまとめて入手しておくと後々楽になります。

なお、下取り車がある場合は印鑑証明は2枚必要になるので、忘れずに2枚もらうようにしてください。


中古車販売店に行く前にすること