自動車保険についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → トラブル対処法 自動車保険

自動車保険

購入後、トラブルを防止する有効な方法の一つとして、自動車保険に加入することが挙げられます。

自動車を保有した際に、一番先に加入する保険が自賠責保険になります。こちらの自賠責保険は全てのドライバーが必ず加入することが決められている強制保険になります。

自賠責保険は車購入時や車検時に加入が義務付けられています。こちらの保険は人身事故を起こした時に適用されることになっていて、障害での限度額は120万円、死亡であれば3,000万円の保証が適用されることになっています。

しかしこの自賠責保険だけでは、万一の時に備えることができません。この保険のみしか加入していない場合に車同士の事故などを起こした場合は、全て実費となってしまいます。

それをカバーするために任意保険というものがあります。強制保険だけでは保証されない部分を知り、自分に一番起こりうる事故などを想定し、任意保険に入るべきかと思います。

任意保険の種類には以下のようなものがあります。

◆対人賠償保険
自動車による事故で他人を傷つけた時に支払われる保険

◆対物賠償保険
人の車や物などのに損害を与えた場合に支払われる保険

◆搭乗者傷害保険
搭乗中の人が事故によって障害、または死亡した場合に支払われる保険

◆自損事故保険
単独事故や接触事故で、自分が100%悪い時に運転手本人が怪我・死亡をした時に支払われる保険

これら4つの任意保険が有名となりますが、その他にも人身傷害補償保険、無保険車傷害保険、車両保険などがあります。車に乗る際はこのような保険に必ず入るようにして、万一に備えましょう。


トラブル対処法