保証対象外についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 契約完了直前の確認事項-保証書 保証対象外

保証対象外

「保証される部品や工賃」のページで説明しましたが、保証部品に「タイヤ」と書かれてあった場合でもタイヤが傷んだら必ず保証してくれるというわけではなく、釘を踏んでタイヤがパンクしたなどという場合は保証の対象外になります。

他にも保証対象外になるものはたくさんあります。これは販売店によって少し違いがあると思いますが、中古車の場合は経年の劣化や傷の割れなどは保証してくれない場合があります。

またエンジンの作動音、デフの音、車体の共鳴音、ビビリ音等も対象外になることが多いですので、購入する前に一度試乗して確かめておく必要があります。

指定オイル以外の使用による不具合や、自分で分解した場合の関連箇所で不具合が出た場合も保証対象外になります。これは当然のことですが、自分の過失で不具合が出た場合は保証対象にはならないということです。

その他にパンク、盗難、地震などの天災における被害も保証対象外となります。購入した車を長期間乗らなかったことが原因で起こった不具合というのも保証してもらえない可能性があります。

また、販売店側の都合で不具合が起こり、車を使用することが出来なかったことによって使用したレンタカー代、電話代などは保証対象にはならないので、こちらで負担する必要があります。

これ以外にもさらに細かいことがたくさんありますが、こういった部分は必ず保証書に書かれていますので、「どのようなことが保証対象外になるのか」ということを事前に確認しておきましょう。


契約完了直前の確認事項-保証書