車庫証明の取り方についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 購入前の契約準備 車庫証明の取り方

車庫証明の取り方

車庫証明を取るためには、まず車庫証明を申請する自動車の駐車スペースを確保する必要があります。駐車場が決まったら、車庫証明の申請に必要な書類を集めるようにしましょう。

車庫証明の申請は、大抵販売店で代行してくれます。しかし販売店に頼むと車庫証明だけで10,000〜15,000円ほどのお金がかかります。

それほど難しい手続きではないので自分で発行した方が代行費用が浮きますし、勉強にもなります。必要書類は駐車場のあるエリアを担当する警察署にもらいに行きましょう。

しかし最近はインターネットからでも必要な書類をダウンロードすることが出きる地域というものもありますので、忙しくてなかなか警察署まで行く時間がないという方は自分の地域を調べてみることをお勧めします。

自分でやりたいけど、どうしても平日時間が取れない方は行政書士さんに頼むことになります。必要事項を洩らさず記入し、申請費用と一緒に書類を提出するのですが、見本が付いているので必ずそちらを参考にしましょう。

申請費用は2,000円程度を払うだけで済みます。印鑑は証明書の受け取り時に押し、リアウインドウに貼る証明シールを購入すれば無事、車庫証明の取得が完了です。

車庫証明の申請を警察署で行った際はその後、警察官が車庫等を確認をしに来ます。その際に物で駐車スペースが占領されていると車庫証明を発行してもらえない可能性があるので、注意するようにしましょう。

邪魔なものは前もって片付けておくことをお勧めします。


購入前の契約準備