購入時に必要な書類についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 購入前の契約準備 購入時に必要な書類

購入時に必要な書類

実車のチェックも無事に終わって、ついに契約というときはお金以外に必要なものがたくさんあります。ほとんどは販売店側で用意してくれますが、自分で用意しなければならないものがあります。

車の購入は契約に基づくものになるので、それには様々な書類が必要になります。ここでは契約に必要な書類などを詳しく紹介します。

◆実印
これは必ず必要となります。契約前に予め住んでいる市区町村役場で「実印登録」をしておくようにしましょう。ゴム印など、変形しやすいハンコ以外ならほとんどの場合は実印登録することが出来ます。

◆印鑑証明書
実印が確かに登録されたものであると市区町村が証明する証書になります。車購入時には発行日から3カ月以内のものが必要になりますが、3ヶ月以内のものであればOKなので早めに用意しておくと便利です。

◆自動車検査証
車の戸籍謄本のようなものになります。中古車の場合は販売店で保管されていることが一般的なので、購入して納車された際に使用者の欄が自分の名前になっているかきちんと確認するようにして下さい。

◆委任状
車の登録に関する業務は手続きが複雑で、自分でするのは難しくなります。そのため通常は販売店に代行して行ってもらうことになりますが、その際に「登録に関する手続きを第三者(ここでは販売店)に委任する意思」を示す書類に当たるものが委任状になります。

◆車庫証明書
車の駐車場を管轄する警察署に申請して、警察による確認した後に交付される書類です。ほとんどの販売店で申請などの手続きを代行してくれますが、賃貸の駐車場の場合はその駐車場を管理する不動産会社の署名と押印が必要になるので、それらは自分で行わなければなりません。

以上が購入時に必要な書類になります。


購入前の契約準備



白衣 通販
白衣の通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イムシスト
イムシストなら医療関係者向けの製品情報サイトで!