訪問後最初の注意点についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 中古車販売店での注意点 訪問後最初の注意点

訪問後最初の注意点

実車をチェックする前に、まず販売店に着いたら中古車に掲げられているプライスボードを確認しましょう。プライスボードには、自動車公正取引協議会の規約で表示する内容が決められている車の履歴書のようなものになります。

規定のフォーマットというものはないので、販売店によって表示する方法は違っていたりしますが、表示しなければならない内容は以下になります。これを見て何が書いてあるのか分からない場合は以下を参考にして下さい。

◆現金販売価格
その車の消費税込みの価格

◆初度登録(検査)年月
その車が日本で最初に登録をされた年月

◆車検証の有効期限
車検残の有無と、残がある場合は有効期限

◆走行距離数
車の今までの走行距離数

◆前使用者の点検整備記録簿
定期点検整備を行っているときは「有」、なければ「無」と表示される

◆修復歴の有無
修復や交換などをしたことがある場合は「有」、それ以外は「無」と表示される

◆使用歴
その車がどのように使用されたかどうかという使用方法

◆保証の有無
保証がついているかどうか

◆定期点検整備実施状況
定期点検整備を実施して販売する場合は「定期点検整備あり」と表示される

◆リサイクル料金の表示
自動車リサイクル料金が預託されているかいないかが表示される

プライスボードで確認したい項目は以上の10項目になります。車を購入する際にとても大事なことが書かれていますので価格だけでなく、これらの細かい内容も忘れずに確認するようにしましょう。


中古車販売店での注意点