販売店手数料についてのページです。

中古車購入・販売マニュアル TOP → 中古車購入の基礎知識 販売店手数料

販売店手数料

販売店手数料とは、登録に関する手続きを販売店に代行してもらうために販売店に支払う費用のことを言います。この販売手数料の内訳とは、人件費・手間賃になります。

販売手数料は独占禁止法によって料金一律が禁止されているため、どのお店に行っても違う金額になります。前ページで販売店手数料について簡単に紹介しましたが、次はその内訳の詳しい内容を紹介したいと思います。

◆登録代行費用
登録代行費用とは、運輸支局に対しての車の名義人登録を販売店に代わりに行ってもらった際に支払うお金になります。名義人登録作業は手続きが非常に複雑になっているので、ほとんどの場合は販売店に任せることになります。

◆納車費用
購入者が指定した場所に車を運ぶための費用になります。納車をお願いすると販売店まで車を自分で取りに行く必要がなくなります。

◆車庫証明代行費用
車庫証明を取るために行わなければならないことを代わりにやってもらった際に支払う費用になります。

◆整備費用
猛射などを行う際にかかった整備費用のことを言います。全く何もしないにも関わらず、納車整備費用を請求する中古車販売店などもあるようなのできちんと確認をするようにしましょう。

これとは別にクリーニング費用や下取り費用など様々な名称の販売店手数料があり、販売店毎に名前が違っていることもありますのできちんと確認するようにしましょう。これら以外でも様々な名前で請求されることがありますので、自分が分からない請求があった場合などはお店の方に納得いくまで確認するようにしてください。


中古車購入の基礎知識